効果的な入浴方法

MENU

乾燥予防に効果的な入浴方法

寒い冬の季節、熱いお湯につかるのは至福の一時ですよね。
シャワーだけでなく湯船につかることで血行が促進され新陳代謝が高まります。
冷えの解消にもなりますし、カラダの老廃物が排出され美容的にも入浴は大切ですよね。
でもその一方で、入浴後のお肌の乾燥に悩まされている人は多いと思います。

 

ここでは、乾燥を予防する効果的な入浴方法を紹介します!

 

お湯の温度

熱いお湯は冷えたカラダを温めてくれるのであり難いですよね。
でも熱すぎるお湯はお肌に必要な皮脂まで取ってしまうので避けたほうがいいのです。
適正温度は38度から40度くらいが目安です。
お肌の表面を温めるのではなく、カラダの心からゆっくりと温まるイメージです。
寒いと感じる場合は、浴室暖房などで浴室を温めた上で湯船につかるといいですね。

 

カラダの洗い方

ナイロンのカラダを洗うタオルを使ってゴシゴシと一日の垢を洗い落としたいところですが絶対にしないでくださいね!
お肌を強く擦ると角質が壊れてしまう可能性があります。
カラダの汚れを落とすのに強く擦る必要はありません。
弾力の泡を作って泡でお肌をさすりましょう。
泡がお肌の汚れを包み込むように吸着してくれます。
それで十分です。
さらに、洗浄力があまり強くないボディーソープを使用するとお肌にとって刺激が少なくより効果的ですよ。

 

入浴時間

半身浴や入浴美容法などが注目されていることもあり、湯船にゆっくりとつかってリラックスした時間を過ごしたいところですが長時間の入浴は乾燥肌の人にとっては大敵です。
お湯によってお肌の油分がどんどん奪われていってしまうので入浴のしすぎには気をつけましょうね。

 

入浴後すぐに保湿

入浴後のお肌はすぐに保湿をしてあげないとどんどんと水分が逃げていってしまいます。
ボディークリームなどで入浴後はすぐに保湿しましょう。
また、温かいお肌にボディークリームを塗ったほうが浸透力が高まります。
ここでも、乾燥肌用の保湿剤を使用するとより効果的です。
その時に、リンパを意識してマッサージすると新陳代謝が高まり老廃物を排出しやすくなります。